【代々木上原・代々木公園の賃貸】ハビタットTOP > 株式会社ハビタットのブログ記事一覧 > 不動産管理コロナ対策 まずは持続化給付金の申請

不動産管理コロナ対策 まずは持続化給付金の申請

≪ 前へ|代々木上原【超】速報   記事一覧   代々木上原【超】速報|次へ ≫

不動産管理コロナ対策 まずは持続化給付金の申請

カテゴリ:代々木上原賃貸管理ブログ


年内家賃、国が一部助成 「最大3分の2」案も 自民検討

5/5(火) 7:11配信

時事通信

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で家賃の支払いが困難になった事業者に対する自民党の支援策の骨格が4日、判明した。

 一定程度減収した中小・小規模事業者と個人事業主を対象に、年内いっぱいをめどに家賃の一部を国が助成する。複数の同党関係者が明らかにした。

 金融機関からの無利子・無担保融資のうち、事業者が家賃に充てた分について、国が事後に助成する。先に成立した2020年度補正予算に盛り込まれた上限200万円の「持続化給付金」と同様、前年同月比で収入半減が条件。これに加え、数カ月にわたり平均3割程度減収した事業者も対象とする方向で調整している。

 助成割合については、「3分の2」や「2分の1」とする案が浮上。上限は全国最高水準である東京都の事業者の平均家賃を参考に決める。

 自民党は4日、家賃支援策に関するプロジェクトチームを党本部で開催。この後、岸田文雄政調会長は記者団に「連休明けの7日には党としての考え方をまとめたい。その上で、公明党と調整を行っていく」と説明した。

 一方、国民民主党の玉木雄一郎代表は国会内で記者団に、「直接支援することも含めて、とにかくスピード感を持って対応したいので、与党には速やかな合意と協力をお願いしたい」と求めた。


ようやくまとまりつつある?ということでしょうか。

ただ、今までの「スピード感」から察するに5月末〆、6月分家賃支払いに間に合うようこの制度が実施される、という事は期待しない方がよいでしょう。

今日、明日の支払いどうするか、今月末の支払いどうするか、というのが今現場で起こっている事。最大の関心事。

今月末の家賃支払いに悩んでいるテナントさんが、今、しなくてはならない事は、

持続化給付金の申請です。

今申請すれば、法人200万、個人100万、返済不要の資金が、遅くとも今月末までには振り込まれると思います。一番早いし、返済不要。5月末に間に合うのはこれしかない。

勿論、この制度、ご承知の方が大多数だと思います。しかし、私たちがテナントさんからご相談のお話を頂戴する際、この制度の中身を理解していない方が少なからず居らっしゃるため、あえて書かせて頂きました。とにかく、今すぐ申請を!

この法案の成立を待ちつつ、日本政策金融公庫に相談にいく、区役所でセーフティネット認定をもらい金融機関に相談にいくなど、未曾有のこの危機に対して備え、動いていくべきでしょう。


賃貸オーナーとテナントとの板挟みの不動産会社


今までは政府からの「要請」ベース、家賃助成については与党案、野党案、何が成立するかさっぱり分からず、どのようにオーナーに、テナントに話をして良いかわからない現状が続いておりました。法案の中身を待ちましょう、位にしか話せませんでした。

令和2年3月31日付で国土交通省より「新型コロナウィルス感染症に係る対応について」の通知がありました。

賃料の支払いが困難なテナントから要請があった場合には、貸主は賃料の支払い猶予等に応じるなど、柔軟な措置を自主的に検討してくださいという「要請」です。

当社のお付き合いのある賃貸オーナーさんとも日々、たくさんお話をしてます。このコロナ禍、苦しいテナントさんの現状が理解できない、というオーナーさんは誰一人としておりません。そして、この状況の中、家賃の減額に快く応じてくれたオーナーさんも多数いらっしゃいます。

ただ、多くのオーナーさん達はだって、銀行へのローン返済がありますよね。

「テナントさんが苦しいのは分かります。。ただ、それはこちらも同じです。」というのが率直な意見でしょう。

<参考>
国土交通省からの「要請」に応じ家賃を減額したオーナーにはこんな制度が予定されておりました。

・2021年度の固定資産税・都市計画税を減免

2020年度2月~12月で連続した三か月以上、家賃を50%以上減額し家賃収入が半分になった⇒全額免除


2020年度2月~12月で連続した三か月以上、家賃を30%以上50%未満減額し家賃収入が半分になった⇒半額免除


月の家賃収入総額×3か月×50% < 固定資産税・都市計画税年額

月の家賃収入総額×3か月×30% < 固定資産税・都市計画税年額の半分


この計算が成り立てば、直ちに減額した方がオーナーメリットがあるわけですが、この式が成り立つ物件は少ないように思います。


また複雑なのは、多くのテナントが入っている物件は、テナントだけのビルではないという事。事業用と居住用の併用物件が代々木上原エリアは多いです。たとえば、1階はテナント、二階以上は住居など。


テナント部分だけ50%減額、住居部分はそのままでもOKということであれば、上記式が多くの物件で成り立つと思いますので、この減免制度は非常に有利に働くと思います。


しかし、まだ制度化されておらず、もしかしたら、フェードアウトしてしまうかもしれませんし、これ以上は、良く分かりません。


・減額・免除した家賃を損金に算入

損金算入、つまり経費として認められる、というわけですね。銀行ローンの返済がなく、うれしい悩み、利益調整に毎年頭を悩ませているオーナーさんには、有用な制度だと思います。こちらは制度化済み。


⇒ありがたい制度ですが、この制度のみでは、賃貸オーナーさんに家賃減額を強く勧める材料にはなりえません。


早期、家賃助成のこの法案が一日も成立することを強く期待します。(できれば今月末の家賃支払いに間に合うように。つまり、5月末です)


しっかり私たち不動産業者がオーナーとテナントの間にたって、一円も国のお金を無駄にすることなく、しっかり制度を活用してもらい、オーナーとテナント、良好な関係を継続してもらうように致しますので。


とにかく急いでほしいです!



持続化給付金について(経産省サイトへ)


≪ 前へ|代々木上原【超】速報   記事一覧   代々木上原【超】速報|次へ ≫
  • プレジリア代々木大山町
  • 友だち追加
  • インスタグラム
  • ハビタットからの約束
  • へーベルハウス
  • スタッフ紹介
  • 物件リクエスト
  • ハビタットブログ
  • フェイスブック
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • ハビタットとは
    代々木上原、代々木公園の賃貸専門、ハビタットへようこそ!代々木上原エリアをこよなく愛する地元不動産屋が最新賃貸物件情報をお届けします。賃貸マンション、賃貸アパート、貸家、人気のペット可物件やデザイナーズマンションなど。地元密着企業だからこその情報の速さ・多さ・濃さが魅力です。地域の賃貸物件はすべてご紹介が可能!仲介手数料も最大無料でご紹介できる物件も取り扱っております。この街をもっと好きになってほしいから、ハビタットは代々木上原・代々木公園周辺の限られたエリアを徹底的にご紹介いたします。
    入居費用のクレジットカード決済
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハビタット
    • 〒151-0066
    • 東京都渋谷区西原3丁目2-2
    • TEL/03-3460-4913
    • FAX/03-3460-4914
    • 東京都知事 (5) 第78214号
  • モバイルサイト
  • オーナー様へ
  • 小説「代々木上原」
  • 事業用物件専門サイト

トップへ戻る

来店予約